飲食店開業に必要な資金と手続き

理想の飲食店を開業させるためには

>

飲食店を開くために必要な2つの資金

物件を確保するために必要な費用

飲食店を開業するためには物件を購入したり、賃貸契約を結ぶなどして店舗となるスペースを確保しなければなりません。
通常、物件を借りる際には賃料の約1か月分と言われる仲介手数料をはじめ、賃料の約10か月分と言われている敷金、賃料の0~2か月分だという礼金の他に前家賃として翌月分までの賃料が必要になるようです。
そのため賃料だけを見て決めるのではなく、その他の諸経費についてもきちんと確認してから比較するようにしましょう。

かつて飲食業が営まれていたという物件をそのまま引き継ぐ「居抜き物件」は、資金や工期が短縮できる選択肢のひとつですが、物件の状況や設備に応じた譲渡金というものが発生してしまうということを忘れてはいけません。
しかも「居抜き物件」は既存の設備を利用することになるため、店内のレイアウトなどが制約を受けてしまうこともあるといいますので、よく検討するようにしてください。

店内の設備などを充実させる費用

店舗を確保することが出来たら次は内装や設備、備品などを整えていくことになると思いますが、飲食店には調理するための厨房の機器類を欠かすことはできません。
居抜きでない場合には必要なものを全て自分で揃えることになるのです。

そして特に気を配りたいのは、お客様の目に直接触れることになる内装です。
内装工事が済んだらテーブルやイスを搬入したり、遠くからでも目を引くようなインパクトのある看板を取り付けたりします。
そして飲食店に相応しい清潔感のある空間にしようと施工後の店内をきちんと掃除しておくためにクリーニング業者に依頼するかもしれません。

またスタッフを募集したり、開店前の研修をする為にも費用は必要になります。
こうした店舗投資の費用をトータルすると、目安として1坪あたり50万円~80万円くらいが必要になると言われているのです。


TOPへ戻る