飲食店開業に必要な資金と手続き

理想の飲食店を開業させるためには

>

店舗の業態によって違ってくる手続き

提供するものによって違う届け出

一般的な飲食店を始めるなら、まず保健所に対する食品営業許可申請が必要になるでしょう。
そして上記の食品衛生責任者と、収容人数に応じた防火管理者の申請も必要となります。

さらに具体的に許可が無くては提供することができない代表的な食材にふぐや生肉、生牡蠣などがあります。
ふぐについては開業しようとする都道府県ごとに「ふぐ調理師」の資格を取得しなければなりません。
生肉を提供したいなら「認定生食用食肉取扱者」の資格を取得した上で、保健所の指導に従って衛生的な品質管理をする必要があるのです。
生の牡蠣を提供する場合に取り立てて資格は必要ありませんが「生食用かき取扱い届」というものを保健所に提出することは欠かせません。

このように特定の食材を取り扱う場合には届け出や資格が必要になることもありますから、飲食店開業に際して保健所へ相談した時に具体的に確認するようにしましょう。

深夜にお酒を出すなら警察署へ

ランチやディナーなど食事を中心に提供するようなお店ではなく、夜になってからお酒も提供して深夜営業をするというコンセプトのお店にしたいなら、警察署に「深夜酒類提供飲食店営業開始届出書」というものを提出して許可を得る必要があります。

許可が下りるようにするためには健全なお店であることを主張しなくてはなりませんので、店内の広さや見通しの良さ、明るさなどの基準をクリアしなければならないのです。
いわゆる居酒屋やバーなどがこれにあたるのですが、ムーディーな雰囲気を醸し出そうとして20ルクスよりも暗い設定にすることは許されていないと言います。

たとえ深夜に営業していたとしても、お酒を提供することがないような飲食店であればこの届け出が必要になることはありません。


TOPへ戻る