飲食店開業に必要な資金と手続き

理想の飲食店を開業させるためには

開業するための資格

最近は多くの芸能人がテレビなどで料理の腕前を披露していたり、料理上手な主婦がブログや雑誌を通じて美味しい節約料理のレシピを紹介したりしています。
でもそういった人たちが全員調理師の免許を持っているかというと、決してそのようなことはないのです。
ただ、料理が得意だとしても資格を持たない人が調理師を名乗ることはできないというだけです。

飲食店を営む人についても、同じことが言えます。
食べ物を提供するお店を経営している人たちが、必ず調理師免許を持っているという訳ではありません。
事業拡大の一環として飲食店をオープンさせるという事業主もいると思います。
肝心なのは食中毒などを引き起こすことなく美味しい料理を提供し続けることができるかどうかということで、この時に調理師免許を持っている人がいれば望ましいということのようです。

飲食店の厨房でアルバイトをしようという時に必ず調理師の資格が必要になるのかというと、そういう訳ではありませんよね。
お店のマニュアルに沿って調理することができれば勤務することが可能なのです。

それでは調理師免許というものにはどのような意味があるのかというと、食に関するエキスパートとしての知識や技術を厚生労働省が客観的に証明し、認めているというのがこの資格なのです。

そのため正確には開業するにあたって必須の資格ではありませんが、世間的には飲食店を営む為に調理師免許が必要だと考えられているので、メニュー開発などをする上でも調理師免許は取得しておいた方がいいと言えるでしょう。

ここでは飲食店を開業する際に必要になる資格や届け出、費用について紹介していきたいと思います。

TOPへ戻る